スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディストピアンウォーズ-戦闘教本 【1:ユニットを動かそう】・①高度の概念について

<結び>
以前このブログでも取り上げた、スパルタンゲームズ社のミニチュアゲーム〝ディストピアンウォーズ〟
今流行の「艦●こ●くしょん」や往年の名作ゲーム「鋼●の咆●」「提●の決断」「コ●ミック●ォーズ」といった架空戦記や艦隊決戦ゲームが好きな人には是非ともお勧めしたいゲームなのだが、いかんせん煩雑なデータ処理やルールブックの索引等でどうしてもデータ処理のルールが複雑なためプレイ入門者は勿論、既存のプレーヤーでもルールの確認が必要なケースが多々発生している。

この事態を打開するため、一度自分の中でルールの再確認と同時に、
始めてこのゲームの世界に足を踏み入れる新任提督や司令官達の為にゲーム時の処理で必要な各項目のまとめを作って生きたいと思う。

※自分のデータ解釈が間違っていた場合は適切なアドバイスや訂正項目をいただけると助かります※

①高度概念について

「西暦1870年に勃発したこの未曾有の世界大戦において、この地球上であらゆる場所は戦場となっている。
空では巨大なエアシップ(飛行船)やジャイロ、ローター駆動の飛行戦艦や爆撃機群が空戦を展開し、海上では大艦隊が砲雷撃戦を繰り広げ、そして陸上では、巨大なランドシップ(陸上戦艦)やヘヴィウォーカー(歩行戦闘機械)が戦車隊や自走砲を引き連れ、大機甲戦を行っている。
-最早この世界に安全な平和を謳歌できる場所など何処にも有りはしないのだ」




ディストピアンウォーズの世界において陸・海・空のあらゆる場所は戦場となり、その場所を移動できる兵器が存在しています。

エアシップ(飛行船)やジャイロ、ローターといった飛行戦艦や爆撃機は大空やその上の雲海を飛び回り、
バトルシップやドレッドノートを筆頭とする海上戦艦は大海原を疾走し、
ランドシップやウォーカー、タンクといった陸上兵器は荒地や平原、山脈を踏破し
サブマリンや一部の潜水ロボットは遥かな深海を潜行し獲物を探す。

これらを表す為に、このゲームにおいては4種類の高度という概念があります。

【オブスキュア】【フライング】【サーフェス】【サブマージ】の4種類です。

これらの4種類の説明としては大まかに以下の通りです。

============================================

【オブスキュア】
飛行ユニット(ボンバー、エア・フォートレス、ローター、ジャイロ、エアシップ、飛行ロボット等)が到達できる最大高度エリア。雲海の中やその上層部に当たるエリアであり、この中に入る事で敵からの砲撃の命中率を下げる事が可能だが、同時にこちらからも相手を視認し難くなる為、攻撃を当てるのが困難になるエリア。

<到達および行動可能なユニットの一例>
ツクヨミ級空中戦艦シンゲツイナリ級ジャイロ戦隊手壺級軽量戦闘機隊テンケイ級空中空母・鮫竜DFA-170・アマテラス級重爆撃機
※右から烈日帝国のツクヨミ級ジャイロ戦艦、イナリ級スカウトジャイロ艦、テツボ級小型戦闘機、
 テンケイ級空中空母(エア・フォートレス)、アマテラス級爆撃機。
 これらは代表的な飛行【フライング/オブスキュア】ユニットの一例である。

【フライング】
飛行ユニット(ボンバー、エア・フォートレス、ローター、ジャイロ、エアシップ、飛行ロボット等)が存在するエリア。
オブスキュアより低高度な上空のエリアであり、基本的にテレイン(障害物)の影響を受けず、自由に移動可能なエリア。

<到達および行動可能なユニット>
【オブスキュア】と同様。

【サーフェス】
全ての陸上および海上ユニットが存在するエリア。移動時はテレイン(地形障害物)の影響を受ける。

<到達および行動可能なユニットの一例>
艦隊旗艦・蜃龍 清姫級突撃空母 竜姫・綾姫 草蠍級戦艦 縁寿・正邦 中津級巡洋艦 両津、大津、摂津、高津、秋津、宮津 狸級砲撃艦 刑部、禁鳥、守鶴 空津級フリゲート艦
※右から烈日帝国のハチマン級ド級戦艦(ドレッドノート)、キヨヒメ級アサルトキャリアー(キャリアー)、
 ソコツ級戦艦、ナカツ級巡洋艦(クルーザー)、タヌキ級砲撃艦(ガンシップ)、ウワツ級フリゲート(フリゲート)。
 これらは代表的な海上【サーフェス】ユニットの一例である。

【サブマージ】
サブマリンおよび潜水ロボット等の一部海上ユニットのみが移動できる特殊なエリア。
オブスキュアと同様、海底に隠れている事で相手からの攻撃を阻害できるが、同時にこちらの攻撃命中率が低下するエリア。

<到達および行動可能なユニットの一例>
イカ級潜水ロボット
※烈日帝国のイカ級潜水ロボット。
 これは代表的な【サブマージ】サユニットの一つ。

============================================

これらの高度概念はそのユニットが移動する際の制限や射撃時の命中判定時に振るAD(アタックダイス)の成功判定時に重要な項目なので是非覚えておきましょう。

<まとめ>
・このゲームにおいて、高度という概念は4つ存在する。
 高高度【オブスキュア】空中【フライング】地上/海上【サーフェス】海中【サブマージ】の4つである。

・【オブスキュア】、【フライング】は飛行ユニットのみが移動できるエリアである。

・【サーフェス】は地上ユニット、もしくは海上ユニットが移動できるエリアである。

・【サーフェス】のユニットは海上ユニットは海上のみ、陸上ユニットは陸上のみを移動できる。
  ※(MAR:モデルごとの特殊ルール)による例外あり※
竜王級ロボット〝冥竜〟〝魁竜〟
例:烈日帝国のリュウオウ級ラージ・ロボットはサーフェス・スキマー(ホヴァリングによる浮遊移動)のMARを持っており、海上/陸上の両方を移動し、更に自分よりも小さい(ミディアム以下)のモデルやテレイン(障害物)をまたいで移動できる。

・【サブマージ】は潜水能力を持つ一部の海上ユニットのみが移動できるエリアである。
  ※(MAR:モデルごとの特殊ルール)による例外あり※

・【サブマージ】に居るユニットの攻撃、もしくは【サブマージ】に居るユニットを標的にした攻撃はアタックダイス成  功値が+6以上となる。
  
・【オブスキュア】に居るユニットが攻撃をする際には、アタックダイス成功値が+6以上となる。 
 【オブスキュア】に居るユニットを攻撃する時はアタックダイス成功値は+5以上となる。
  ※標的がスモールモデル以下であった場合は+6以上になる
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

新型機作成開始。

ゲームミニチュアやガンプラ作成がメインで最近手を付けていなかったワイヤー作品を再開。

友人から良く「Vergは人型ロボばっか作って面白みが足りない!」と言われるので久しぶりに非人間型メカを。

DSC00552.jpg


モチーフは以前作成したアルタイルと同じくオーラファイター系の航空機型機動兵器。
DSC00551.jpg DSC00550.jpg

シルエットはまんま元ネタのガ●バ

DSC00549.jpg

折りたたまれた二本脚(着陸用と猛禽の様に相手を掴むクロー)と可動式の両手(ガンポッドかパイロンになる予定)
可変式の両翼が特徴。

さぁ次のイベントに向けて仕上げねば。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

第2次サイクロプス沖海戦

先日の日曜日は高円寺のジャイアントホビーさんに行ってディストピアンウォーズをプレイ。
対戦相手はFSA[アメリカ連邦]
プレイ中ゲーム盤面
島嶼を挟んでにらみ合う形に展開した両軍
烈日帝国艦隊
戦闘の展開としては、右翼ではドレッドノート同士が激しい打ち合いを繰り広げ、随伴するフリゲートやエスコートを吹き飛ばすも猛烈な反撃でこちらのタヌキ級ガンシップやアマテラス級爆撃機が大打撃を受ける。
対する左翼側はガンシップやデストロイヤーの猛攻撃でナカツ級巡洋艦が1隻を残して撃沈。
残存する一隻が側舷砲やロケットを浴びせるもダイスが振るわずにしょぼい展開に。
結局制限時間が終了し、両軍ともに作戦目標が達成できずに引き分け。

反省点:
①:まだまだ艦隊移動や配置の経験が浅いせいで後列配置したソコツ級戦艦やキヨヒメ級突撃空母が完全に死に駒とかしていた点
②:ウワツ級等の小型艦が少ない重量編成で有りながら小型艦を先陣に立たせずに混乱を招いた点。
③:相手のドレッドノートとの撃ち合いなどという挑発に乗ってしまった点。
この3点だろうか。
今後はそういった面を踏まえてより的確な運用を心掛けるように努力を。

以下はウチの烈日帝国軍の一覧
ハチマン級戦艦[塗装後]
烈日帝国 坩堝(るつぼ)の軍・実験師団"キンシ(金鵄)"旗艦 ハチマン級ドレッドノート「蜃龍(シンリュウ)」

我が烈日帝国実験師団キンシの旗艦。
ディストピアンウォーズの世界では通常の戦艦(バトルシップ)を超えるドレッドノート(所謂ド級戦艦)が各国に存在し、烈日帝国のドレッドノートに当たるのがこのハチマン級です。(武神の名前を付けている辺りがニクいw)
特徴としては烈日艦特有の急旋回能力による小回りの利き易さと高いCR、そして絶大な砲撃能力。
欠点としてはやはり高コストな点とドレッドノート特有の巨体と鈍足さがありますが、その強さは折り紙付き。
名前の由来は蜃気楼の元になったと言われる龍の眷族から(化け蛤という説もありますが)

ソコツ級バトルシップ
ソコツ級戦艦「延寿(エンジュ)」
シンリュウと並ぶ我がキンシ師団の中核を担うバトルシップ。
非常にトータルバランスの取れた戦艦で、全射程に対応できる火器と高い耐久力を備えるのが特徴。
まだまだ活躍の場が少ないので何とか花を持たせてあげたい。
名前の由来は胴田貫で有名な刀工の流派から。

キヨヒメ級アサルトキャリアー
キヨヒメ級突撃空母「龍姫(タツヒメ)」
烈日帝国の正式大型空母に当たるのがこのキヨヒメ級(由来はおそらく安珍清姫伝説の清姫から)
分類としてはアサルトキャリアー(突撃空母)に分類される艦艇で、空母でありながら両舷の固定砲台や艦首の大型砲塔、あるいは魚雷発射管によってソコツ級にも匹敵する強力な攻撃力を備えたアグレッシブな空母。
この艦も烈日の特徴である高い旋回能力と耐久力を持つので航空戦力で弱らせた相手を砲撃で仕留めるといった厨二心をくすぐられそうな使い方が出来ないか思案中。
(名前の由来はそのまま乙姫の愛娘である龍姫から)

タヌキ級ガンシップ
タヌキ級ガンシップ「形部(ギョウブ)」「禁鳥(キンチョウ)」「守鶴(シュカク)」
烈日が誇る強力な砲撃艦(ガンシップ)
主砲だけでは無く魚雷発射管や烈日の専売兵器であるナパームロケット砲を装備し、攻撃力と耐久力が非常にバランスのとれた船。高い耐久性と旋回性によって長丁場でも安定した攻撃力や戦闘力を維持できるのも売り。
名前の由来は日本各地の有名な化け狸の大将達から。

ナカツ級クルーザー
ナカツ級巡洋艦「両津(リョウツ)」
烈日の標準型巡洋艦、搭載武器が前面の魚雷に両舷固定された側面砲とナパーム弾等に換装可能なロケットランチャーというトリッキーな装備がネックだが高い耐久力と旋回性能が売り。
これを使いこなせてこそ真の烈日プレーヤーらしいので精進有るのみ。
名前の由来は国民的某ハチャメチャ警官(こいつだけ扱いが酷いかw)

ウワツ級フリゲート
ウワツ級フリゲート
烈日の護衛艦。ナカツ級同様の両舷固定式の側面砲と小型砲塔を備えた小型艦で烈日共通の高旋回性能によって恐ろしい小回りを見せる。

DFA-170・アマテラス級ボマー
DFA-170・アマテラス級ボマー
烈日の大型重戦闘機。巡洋~戦艦級のロケット砲に加えて機体後部から巨大爆弾を投下できる大型ガンシップに当たる機体。但し飛行ユニットの弱点として相手の砲撃だけでなく対空砲による攻撃も貰ってしまうので的確な運用が必要。

タイニー・フライヤー・トークン
タイニー・フライヤー・トークン
ディストピアンウォーズでは雷撃機や爆撃機、制空戦闘機や偵察機といった艦艇サイズ以下の航空機(!)は全てタイニー・フライヤーという扱いがされ、編隊規模規模で一つのユニットとみなされます。
烈日の航空機隊は特に雷撃機が強力で、高速魚雷による攻撃で敵艦に対して雷撃を行った際に相手の爆雷による防御に振り直しを強制させるルールを持ちます。
(モデルはWWⅡの日本海軍の酸素魚雷か?)
又、制空戦闘機に当たるファイター部隊は追加燃料によって相手の対空攻撃での燃料ロスを防いだり、編隊飛行による連携で対空迎撃時に追加攻撃が可能な特殊ルールを持っています。
(この辺はゼロ戦辺りがモデルかも)

さて、次なる海戦において我が師団の真価を発揮せねば。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

「ようこそ、果てしない戦乱と破壊が渦巻く"もう一つの19世紀"へ!!」

-過ぎたる科学は魔法に同じ- アーサー・C・クラーク


*ディストピアンウォーズとは?*

今回はイギリスのメーカー、スパルタンゲームズが2011年に発表したミニチュアバトルゲーム
ディストピアン・ウォーズを紹介したいと思います。

このゲームは所謂自分でプラモデルやガレージキット同様にゲームの駒[ミニチュア]を自作してジオラマ上のゲーム版でプレイするゲームなのですが、このディストピアンウォーズの特徴として陸・海・空の3つの世界を入り乱れての大戦闘が繰り広げられる点にあります。
架空戦記物や世界史、或いはスチームパンクSFが好きな人には特にお勧めです。

*魅力的な世界観*

この世界は我々の世界よりも100年早く産業革命が起り、以来、帝国主義時代と連動する形で恐ろしいまでに機械技術や兵器技術が発達した世界が舞台です。
(なんでもナポレオン1世の時代に既に戦車部隊による機甲師団編成軍までが投入されていたとか!)

そして1844年にこの異形の技術と科学を更に加速させる驚異の物質「元素270」が発見されます。
王立科学大学の研究者バーバナス・D(ドレインズ)・スタージョン卿をリーダーとする調査隊が南極大陸の地下から発見したこの物質は僅か数グラムで列強が所有する大艦隊を3日間も動かすに足る程の膨大なエネルギーの結晶体であり、同時に科学触媒として使用する事で物理法則を捻じ曲げてしまう程の特性を持った驚異的な合金や化学薬品を作りだす事も出来る物質でした。

スタージョン率いる南極調査隊(後に彼らは元素270の発見地を拠点に独立国家"南極盟約者団"を建国します)は「元素270」の研究によって生み出された数々の超技術やエネルギーの製造法を世界に公開し、これによって列強国を始めとする世界の国々は表向き飛躍的な繁栄と進歩を手に入れる事に成功しました。

だが、この急速な発達は同時に恐るべき戦闘兵器が闊歩し、破滅的な破壊力を秘めた武器が撃ち交わされる戦争の時代の幕開けでもありました。

そして1870年、世界の大洋を支配するブリタニア王国とアジアを中心に急成長遂げた烈日帝国との貿易摩擦をきっかけに恐るべき超兵器を駆使した世界大戦の火の手が上がります。

世界の大洋を支配し、世界の盟主の座を維持しようとするブリタニア王国
ヨーロッパの大部分を手に入れ、国土の拡張と安全を図ろうとするプロイセン帝国
アジアで急成長を遂げ、プロイセンと同盟を結び太平洋の覇権を目指す烈日帝国
烈日の台頭をけん制し、国際社会での優位なポジションを手に入れようと目論むFSA[アメリカ連邦]
*この世界のアメリカは南北戦争で南軍が勝利した事によって連邦制となっています。*
スタージョン達南極勢力の裏切り者であるマルコフがもたらした技術によって急速に勢力を拡大したロシア連合
プロイセンに巻き込まれる形で世界大戦に参戦したフランス共和国
そして、自分達が解き放ってしまったテクノロジーという魔物から世界を守るべく立ち上がった南極盟約者団

これらの勢力が他の同盟勢力らと入り乱れ、世界規模の戦争を繰り広げているのがこのディストピアンウォーズの世界です。

*どう始めるの?*

ゲームとして始めるにはまず日本語版ルールブック[約3000円]
ルールブック
を購入後、自分の使用したいファンクション[勢力]を選び、そのスターターセットを購入しましょう。
ルールブックでスペックやルールが保管されているのはこのゲームの基本勢力である。
ブリタニア王国
プロイセン帝国
烈日帝国
FSA(アメリカ連邦)
の4勢力になります。

どの勢力にも一長一短があり、又その国独自の技術や兵器体系に基づく個性的な戦闘兵器が存在します。
主な特徴としては

ブリタニア王国
<バランスが取れたユニットが多く、シールドによる防御と魚雷による攻撃が得意。特徴的な固有兵器として船体に巨大チェーンソーを装備したヴァンガード級潜水艦を所有>

プロイセン帝国
<高速性能に優れたユニットが多く近距離に接近しての砲撃戦をや白兵戦、テスラ・コイルによる攻撃を得意とする。特徴的な固有兵器としては巨大戦闘ロボットであるメッツガー級ロボットを所有>
*この世界のテスラ・コイルは電磁誘導による攻撃兵器や磁気加速による高機動加速装置として利用されています。実際のテスラ・コイルについてはこちらを*

烈日帝国
<高い旋回性能とダメージコントロールに優れた堅牢なユニットが特徴。相手の死角や苦手な間合いに潜り込んでの戦闘を得意とする。白兵戦も得意。特徴的な固有兵器としてイカ型潜水ロボットを所有>


FSA[アメリカ連邦]
<堅牢な装甲とアウトレンジからの強力な攻撃力を備えたユニットが特徴で、中~遠距離での撃ち合いが得意。特徴的な固有兵器としてジョン・ヘンリー級航空ロボット兵器を所有。>


「こういった戦い方をしたいんじゃー」という考えから能力基準で選ぶのも良し。
「この国のデザインが好きだから」という理由でも良し。
「この国のこういう兵器を使いたい」という理由でも選んでも良いでしょう。

*拡張版の勢力である「南極盟約者団」「ロシア連合」「フランス共和国」の三勢力およびこれらの列強国に協力する同盟国等の勢力は順次日本語版がフォローされるとの事*

購入後は中に入っている各種ルールカードの整理と、アイコンシートと旋回テンプレートの切り離し。
その後は梱包されたモデルの作成になります。
スターターセット
(これは烈日帝国の海軍スターターBOX)
スターター内容物
(こちらは中身、たまに欠品とかが有るらしいので注意)

モデルはレジンキャストとメタルミニチュア及びパーツから構成されているので。作成の手順としては切り離しとバリ取り→洗剤とお湯による離剥剤の洗浄→下地剤の吹き付け→ペイントという形になります。
ハチマン級戦艦[塗装前]

ハチマン級戦艦[塗装後]
(写真は烈日の最強戦艦であるハチマン級ドレッドノート)

製作自体はガンプラを作れる位のスキルと塗装に関する基本的なテクニックが有れば問題なく作れます。ペイント剤は取扱店で売っている英国のGW[ゲームズワークショップ]社のシタデルシリーズファレホカラー等がお勧め。
[少々割高ですが、その使い勝手の良さは発色の美しさは下手なホビーカラー類より遥かに上です]

初期投資としてはルールブック3000円、好きな勢力のスターターセットで5000円前後、塗装剤やペイント用の筆類を含めれば。大体1万円前後で始める事が出来ます。
*高円寺にある専門店ジャイアントホビーの様にペイントや作成用の道具等を借りて作業できる店も有ります。*

ミニチュアが完成すれば後は遊ぶだけです。

取扱店のプレイベース、或いは同類のミニチュアゲームを楽しんでいるサークル等に参加してみましょう。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

【fg騒動】 結局打つ手なしか…だが泣き寝入りなんてしないぞ。

ご存知の方もいると思うが、自分が会員登録し利用していた立体作品投稿用SNS“fg”の運営会社以降に伴う今年の今年の騒動についての現状総括をしたいと思う。

※今回の経緯は以下のサイトを参考に個人的な体験や所感を交えています。
事件の経緯を詳しく知りたい人は以下のページを見て下さい。
■新fgの騒動■
 http://proxima.coomaru.com/note/fg/
■fg関連2chスレ過去ログリンク■
 http://www.geocities.jp/orz_2ch/fg.html
■ゑblo面: カテゴリ:fg問題■
 http://www.mohorovicic.com/blog/fg/

ぶっちゃけた纏めとしては。

①.ピクシブの立体版的存在として2008年から株式会社エンタースフィアが無料の立体投稿SNSとしてfgを立ち上げた。

②.ガンプラから武装神姫、果てはハム速等で話題になった“消しゴムで作られたロボ”等の個性派創作作品まで幅広い作品の投稿とモデラーの集まる場所として6桁近いユーザーが会員登録するサイトに成長した。

③.エンタースフィアによる運営難、それに伴うサーバー負担等が問題として上がり始め、運営会社が2011年10月に株式会社クロメアに変わる。

④.同年翌月から改善案や有料課金制度について発表し始め、3月7日からサイトを一旦停止してリニューアル作業に入る。

⑤.4月1日にfgが旧fgになり、新しく新fgが誕生。

※③~④の間にクロメアは明言していたリニューアル予定の日程を二転三転させ、最終更新の2012年3月中という約束も最終的には破り、2012年4月1日深夜に見切り発車的な公開という運営会社としての良識や社会的責任を問われかねない様な対応を行っている※



⑥.HP仕様変更及びシステムの改悪により、古参ユーザーからの不満の声が上がる。同時にリニューアル当初から各種のバグやセキュリティーホールによる深刻な問題がユーザーから報告され、正式報告等を疎かにしている運営に対し避難や抗議の声が上がり始める。

※仕様変更の問題点※
1:閲覧者のレヴューシステムであるスター投稿のシステムが仕様変更されユーザーから不満の声が上がった。

◦有料課金システムと連動する形で投票数に制限がかけられた(一人の持ち点が1日15点(最大三日分45点))では評価したい人全員にスターを入れられない。課金ユーザーの場合はこの成約を解除すると発表しており、ある意味課金によるランキング操作やレヴュー点の売買を容認しているのではないかとの意見が上がっている

◦三つの評価軸(すごい、これ好き、なるほど)が意味不明。
ピクシブのレヴューシステムを参考にしたのではとも言われているが、旧fgにおいては、飽くまで最高10点までの単一項目レヴューであり、個々の感想や評価理由に対してはコメント欄がその記載と意見交換場として機能していた為、運営側からの紋切り刀的にレヴュー理由を決められるのはおかしいという意見が出ている。

2:検索機能の不備(タグ検索とユーザー検索が使えない)
◦過去の作品を探す手段に乏しい。


3:写真メモとコメントの仕様に対する不満

◦写真メモの内容とコメントが同じ場所に表示される為区別が付かない。

◦どの画像に写真メモが付いているかが判らない(旧fgではわかるようになっている)

旧fgでは写真メモというツールによって投稿作品の各画像に脚注表示やメモを記載する事が出来た。これによって作品中での技法や細かい解説等が画像に添付可能で、情報ツールとして非常に有益であった。
だが、新fgの仕様としてこれらのメモが表示画面下のコメントと同じ欄に表示される様になっており。コメントとの判別が難しい上、どの画像のコメントかすらも分り難くなってしまった(実質情報ツールとしての利便性が無くなってしまった)また、このコメント欄についても問題でページの仕様上、非表示化が出来ない為、コメント投稿数の多い作品等ではページ自体の見栄えや閲覧が非常に汚い表示になっている。

4:退会機能の不備
•ヘルプには「fg/cgを退会する」から手続きをおこなってくださいとあるが、そのような機能はない。
•問い合わせフォームから要望すれば手続きは行なわれる。
•しかしそのことについては公表されていない。
•退会しても、旧fgの作品やプロフィールのデータは削除されず、旧fgへのログインも可能。
•新旧統合すれば旧fgデータも削除になると運営は言う。

◦本当に削除されるのか?

◦今までの経緯からみて、運営の技術力や発言の信憑性に不安

◦削除されていない場合、退会した人間がデータ削除を要請して受理されるのか

※退会不備に関するユーザーの抗議から2012年9月10日に9月中に旧fgのページの退会およびデータ削除を行える様にするとの通知が来るも、現状は一向に改善されず旧fgの投稿データ等は一切削除出来ない状態が続いている。

5:ランキングシステムの不透明化と不備

旧fgにおいて存在した3つの投稿作品のランキングシステム(新人、ウィークリー、マンスリー)のシステムにおけるセキュリティ上の問題が発覚後、ランキングシステムのリニューアルが行われるも2012年9月現在においても三項目ではなく1~100位までのランキングシステム1項目のみであり、これについてもスター投稿数0の作品がランキング入りしてしまうなどシステム周りに疑問を感じざるを得ない状況が続いている。

※プログラムおよびセキュリティの問題点※
•動作が遅い(リニューアル後から一貫して動作が遅い)

•エラーの多発(リニューアル直後からエラー画面の表示が多く、改善されつつあるも同様のSNSと比べて群を抜いてエラー画面が出る)

•コメント/マイリス時に相手にメアド流出したという報告があった(報告のみで自分は未確認)

•投稿画像の管理[画像名のリネーム](リニューアル前のアイコン画像が勝手に改変されていた)

•各ブラウザ環境への対応(IE8以下のブラウザで閲覧時は落書きの様に滅茶苦茶なレイアウトや文字表示でページが表示される)

•フレンド通知がユーザー名でなく内部IDの数字のみであったという報告。(報告のみで自分は未確認)

•画像のアスペクト比がおかしい(トップページでランキング上位3位以下の画面がデフォルトで表示されない)

•写真の縮小アルゴリズムがおかしくて画像がねむい(縮小画像が非常に荒く表示される。)

•自投稿作品でも自分でマイリスト登録が何度もできる(報告のみで自分は未確認)

⑦.5月半ば、仕様変更やシステムの改悪、ユーザーから報告されていた深刻なセキュリティ問題等に対し、正式な通知や対応を取らずに沈黙を続けるクロメアの運営体制に抗議する形で投稿された現状のfgを風刺した作品やTINAMIを始めとする他の立体作品が投稿可能なサイトへの活動移転を伝える旨の一部作品が運営により非公開化されてランキングから姿を消す。

排泄物をモデルにした「うんこ」作品等が大量に投稿される。
*この作品群には旧fg時代に投稿されていた物も含まれている*
現状に不満を抱く大量のユーザーからのスター投稿が流入し、ランキング上位10位を同類作品が独占してしまうという異常事態が発生。不快に感じたユーザーからの要望によりこれらの作品が続々と運営の手によって非公開化、あるいはR-18該当作品として移動される。
その後、退会や創作拠点の移動をのぞむfgユーザーからの要望を受ける形で大手同人創作HPとして知られるTINAMIが投稿項目に立体作品のページを創設。
迅速なシステム構築と誠意あふれる対応から多くの移転者が発生し、「うんこ」作品に続く風刺と講義を兼ねた作品として引越し宣言を記載した立体作品が投稿され、これらの作品にも賛同や肯定するユーザーからのスター投稿が相次ぎランキング上位に入賞する。
だが、運営はこれらに対しても「うんこ」作品と同様の非公開化を行う。投稿作品の非公開化を受けたユーザーからの抗議文及び公開質問状等に対しても「一部ユーザーからの抗議」「作品のガイドラインの抵触」「専門家の意見」等の二転三転する理由を挙げて明確な理由説明を行わず。最終的にダンマリを決め込む。
*公開質問状を送ったユーザーによると、運営に抗議を送ったユーザーの中には悪質な荒らし行為を行っていた人物が含まれていたことが判明している*
立体創作作品を投稿するSNSの運営会社が恣意的な理由から(少なくともアカウンタビリティを果たさずに)ユーザーからの投稿作品を一方的に非公開化するという行為に古参ユーザーに絶望感が漂う。



⑧:7月2日、旧fgの作品が新fgでも閲覧可能になる。

⑨:8月22日、退会手順と退会フォームが公開される。
※これも前述の通り、退会手順は行なってアカウントは削除されるも投稿作品やデータが閲覧可能な状態のままになっているとの報告が上がっており、現状ユーザーは退会を希望していてもデータを人質にされて大会が出来ない状態が続いている※



⑩:退会不備に関するユーザーの抗議から2012年9月10日に9月中に旧fgのページの退会およびデータ削除を行える様にするとの通知が来るも、現状は一向に改善されず。旧fgの投稿データ等は一切削除出来ない状態が続いている。(旧fgの画像データは一切削除出来ない)



以前の日記に記載した通り、現状下においてユーザーとして自分はもうクロメアが運営しているfgに対し愛着を感じていないし、創作活動の発表の場として使用する気もない。
(他のサイトを利用しつつfgも利用しているユーザーも居るが、自分はもう[運営会社の変更も含めた]現状改善が行われない限りfgに作品を投稿する気はない)
自分が求めているのは個人情報保護の面から投稿データを含めた全ユーザーデータの非公開化と責任をもった処理の後での退会[こう言った会員登録サイトであれば当たり前の行為]を行いたいと思っているだけである。

この旨を消費者生活センターとその紹介から……。一般社団法人ECネットワークに相談した所、以下のようなメールが返って来た。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

こちらはECネットワーク相談担当です。ご利用有難うございます。業務の都合上、返信が遅れましたことをお詫びいたします。

なお、当方はサイト上に記載の通り、主にネット上の取引に関するご相談をお受けしております。それ以外の内容に関しましては当方で専門ではないため、正直、具体的な回答が難しいところですが、例えば、退会手続き、及びデータ削除がされないことにより、貴方様に現在何らかの実害・実損が発生しているようであれば、まずは法律専門家にご相談いただき損害賠償請求が出来るかどうかご検討いただいたり、権利侵害が発生しているようであれば、最寄の警察にご相談いただくことをまずはお勧めいたします。
サイトと直接連絡が取れないようであれば、ドメイン所有者をwhois検索等でお調べいただき、ドメイン管理者やプロバイダに直接相談されてみるのも一考です。 大変な思いをされているところ、あまりお役に立てる回答が出
来ませんが、まずは上記ご検討下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

(´・ω・`)………………

つまりあれか?

現状で金銭面等の実害が起きない限り、出る所も出れないってか?

仮に出たとしても無料会員登録サイトのトラブル相談で警察やら弁護士なんて所出たら俺がその片のケツ持ちせねばならんと?
こっちは被害者なのに?

この辺を再度消費者生活センターに連絡してみた所。

①:実害起きた時点で即効連絡する。
②:少なくともこちら[消費者生活センター]に連絡して会社の情報伝えた時点でリストアップされて消費者庁に報告はされる。
③:改善されるまで運営に訴え続ける。

以下の方法しかないとの返事を受けた。

結局現時点でユーザーが行える事としては
1:今後は事の経緯を確認しつつ何か動いていたら確認を取る。

2:退会希望のユーザーは消費者生活センターやECといった信頼出来る所に実害を受けている旨を伝える。
(リストアップと報告は上げているとの言葉を信じて数を上げるしかない)

3:新規ユーザーや現在利用しているユーザーに迷惑をかけたり、トラブルを起こさない範囲で何が起きているのかを伝え、その上でこのサイトを利用するのかをユーザーや利用希望者に判断してもらう。

これ位しかないんだろうか

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク (創作サイト・イベント)
リンクバナー
リンクバナー(18禁)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。