FC2ブログ

このブログは私Vergの個人的な創作活動及び趣味のゲームや小説等に関する記事を書いているブログです。

プロフィール

Verg

Author:Verg
ワイヤーフィギュアアーティスト
自由工作コンサルタント
ブラック企業脱出コンサルタント
クレーンゲームアナリスト
ブンドドプロデューサー
不定期でミニチュアゲームや模型(主に30MM)趣味の立体作品や模型。
小説やゲーム等に関する蘊蓄を語っております。
最近はブラック企業の体験記を定期配信中。

最新トラックバック

FC2カウンター

0 コメント

ブラック企業体験記・第3部 緊急対応?人員が無限に出る壺なんて此処には無いんだよ#%&$!②

ー前回はSAの機器入れ替え作業の出発直前に飛び込みの障害対応が来てしまい、動ける人もいない状態だったとの事ですが?

うん。

それでもうちの事務所が対応するしかないって話だったら、
上長が宇都宮の仕事終わらせてから超特急でこっちに戻ってきて応対するしかないけど、

この電話が来た時点で宇都宮の方に向かってる段階だったから、何時あっちの作業を終えられるかなんて、この段階じゃ見当もつかなかった。

トラブル対応のエンジニア作業何て奴は、見積もりを立てる事は出来ても「何が起こるか分かったもんじゃない」何てのは、認めたくないけどクソったれな常識だからね。

不測の時間を考慮しても最短で夜の8時過ぎに六本木の店に入れれば御の字って話になってしまった。

元請けのNを介してその旨伝えたら、店の方から「論外だバカヤロー」ってけんもほろろに言われたよ。

店側の事情としては、その故障したPOSレジ機が店舗の会計システムの要だから動かせないと会計処理が一切出来なくて店を開ける事が出来ない。

いわゆるヒルズ族とかの御用達の高級店だから、休日の稼ぎ時に丸1日店開きできない(夜8時から対応何て作業がこじれたら最悪直っても深夜になってしまう)何て論外だ。

「是が非でも、最低午前中までに作業員を寄越せ」ってゴネまくって来た。

ー…一つ質問を宜しいでしょうか?その、仕事の案件を回している元請けのNという会社は貴方の居た会社以外に其方の障害を対応して貰うという事は出来なかったのでしょうか?

知らね。

本当なら仕事回してる下請けの事務所何て幾つもあるだろうに。

休日でそいつらも休みだったのか、別の案件で動けないんでこっちに御鉢を回したかったんでしょ?

でもさ、無い袖は振れない訳だし。

こっちはこっちで遅刻したらいけないから行く・行かないの問答をしてる場合じゃなかったのよ。

結局その辺の折衝を全部上長に丸投げして、俺らは出発した。

会社の車で首都高に入る辺りだったかな?

電話かかって来て結局Nの方で作業員手配して向かう事になったって連絡がきた。

「最初からそうすりゃよかったじゃねーか!
Nのバカヤロー!」

って思ったね。

ーもう滅茶苦茶ですね、ホント。

全くだよ。

<次回に続く。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント